少子高齢化する先進国の消費及び労働市場。
Good Enough Market の拡大。

企業にとっての競争軸の変化。改めて、顧客価値に向き合った企業活動の重要性。

新興国等の Good Enough 市場の拡大、競争軸の変化 ⇒

各種製品の性能が高度になりつつある中で、先進国の少子高齢化に伴う国内市場の縮小、一方で新興国等の Good Enough 市場(ほどほどに良い製品で十分な市場)の拡大に伴う競争軸の変化に晒される企業活動.新たな顧客価値に沿って、短期間での製品・サービス開発を迫られている.

少子高齢化に伴う労働力の不足、生産性の課題 ⇒

先進国では、少子高齢化に伴う労働力の不足も深刻化.日本の生産年齢人口は、1995年をピークに減少の一途を辿っている.しかし、同様の生産年齢人口比率の他の先進国では、生活に未だ余裕のある国もある.日本の場合は、他の先進国に比べて生産性が低いとの課題が指摘されている.

User Driven Innovation の実践、オープン・イノベーションとICT活用の推進

顧客中心主義の実践が改めて必要とされる.企業の製品企画・製品開発のプロセスで早い段階から、顧客と協働していくこと.また、その製品の機能及び運用において、ICTを積極的に活用し顧客ニーズにより近づけることが期待される.

ピーク時の73%

2035年の日本の生産年齢人口

50%が消滅

2040年の日本の自治体数

7位/7ヵ国中

先進国中の日本の生産性順位

日本805

AI研究者数(中国2,525名)







参考になる北欧のイノベーション

北欧では、2000年前後から、User Driven Innovation の活動が浸透.